サロンのような雰囲気の整骨院

院長からのメッセージ

スポーツをしていた学生時代に治療を受けて、
「治療」を通して人を助けたいと思いました

私は学生時代に陸上競技、バレーボール、バスケットボールなど様々なスポーツを行っていました。カラダのあまり強くない私は、ケガや故障が多く治療院にも度々お世話になっていました。その頃に治療していただいた先生方に非常に助けていただいたという思いがあり、今度は自分が困っている人を助けたいという思いからこの仕事に就きました。

治療だけではなくトレーニングの重要性を伝えたい

社会人になってからは腰痛を患い、足にしびれなどがあるヘルニア症状もでていました。治療を行うと症状は軽くなるのですが、周期的に痛みが戻ってきていました。そこで治療だけでなくトレーニングなどの運動を続けていくと症状は改善し、痛みが戻らなくなっていきました。

だからトレーニングを継続して行える運動スペースを施設内に作りました

こうして得た自らの体験から腰痛を専門に行う治療だけでなく、トレーニングを継続して行える運動スペースを施設内に作りました。これからは治療だけでなく、運動を取り入れたトレーニングを行い、痛みの戻らない体やケガや故障しにくい体づくりなども行っていきます。

kobayashi

コパ整骨院 院長 小林 真大

経歴

広島県福山市 生まれ、朝日医療専門学校柔道整復学科を卒業後。しん整骨院に勤務し、その後みやこ鍼灸整骨院の副院長を務めました。そして、2016 年にコパ整骨院を開業し、現在は院長を務めています。

資格

柔道整復師
交通事故専門士
KOBA 式体幹☆バランストレーニング マスタートレーナー
日本超音波骨軟組織学会 会員
登録販売者